トップに戻る

←トップに戻る

〜ルーツを探る〜

阿知須牛(あじす牛)とは
全国から優秀な血統の子牛を導入し、肥育された、未経産去勢の黒毛和種の牛を『阿知須牛』と呼んでいます。生後7ヶ月〜8ヶ月ほどの選び抜いた子牛を導入し、約3年間、農家の手で1頭1頭手塩にかけ、肥育されます。
 優れた資質、行き届いた飼養管理によって日本一の肉牛として数々の大会で入賞し、味のすばらしさは「肉の芸術品」として全国から賞賛されています。
 平成17年度には「新どっちの料理ショー」に特選素材として登場しました。
圧倒的な安定感
 平成16年度全国肉用牛枝肉共励会(以下、枝肉全共)で名誉賞に輝いたのは、山口県の福嶋譲二氏の出品牛であった。 これは枝肉全共の歴史上初となる西日本からの名誉賞であり、山口県という東京ではあまり見られない産地、しかも過去最高の単価1万7012円と枝重568kgを記録し、さらには福嶋氏が当時28歳という若さでの受賞。
 枝肉全共は全国から腕利きの肥育農家が自慢の肥育牛を持ち寄る共励会であり、そのレベルの高さは折り紙付き。過去に2度名誉賞を獲得したのは昭和60年と平成18年の長島勝男氏(茨城県。昭和60年は丹野肥育牛組合として出荷)のみで、連続して入賞することすら難しいと言われている。
 この共励会で福嶋牧場は譲二氏と父の経男氏二人で、平成16年から19年まで7頭出品して5頭が入賞(16年名誉賞、17年優秀賞1席、18年優良賞5・6席、19年優良賞8席)と、極めて安定した成績を残している。 また、同牧場が所属する東京出荷組合の共励会・研究会でも3回連続の最優秀賞(平成17年冬、18年夏・冬)、さらには全国和牛能力共進会でも平成14年の岐阜大会では特別賞の脂肪交雑賞、平成19年の鳥取大会では同じく歩留賞を受賞している。

 2018年(平成30年)10月に開催された全国肉用枝肉共励会にて名だたる全国の銘柄牛を抑え、2度目の名誉賞を受賞。激しいセリの結果、枝肉重量572kgが925万7,820円(1キロ1万6185円)と高額にて落札されました。